space
line_top
logo
space
logo
line_bttm
space

アブストラクト集

The Study of the Izeki Takako Diary: Is It a Diary Litera-ture?

Daigo Furukawa

The Izeki Takako Diary, written in the Edo era, has been treated chiefly as historical documents, yet previous studies suggested that it should be classified as a diary literature. Generally speaking, however, the Izeki Takako Diary has not been accepted as a literature. In this study, we noted the requirements for a diary to be called a ‘diary literature’ and considered whether the Izeki Takako Diary meets those, proving that it should be regarded as a diary literature. This may lead to the development of studies of diary literature in the Edo era and may promote the division between a diary and a diary literature, which is beneficial for both literature scholars and historians.

江戸時代に書かれた『井関隆子日記』は主に歴史史料として研究がなされてきたが、先行研究によって日記文学としての価値もあることが示唆された。しかしながら一般には『井関隆子日記』が文学であるという主張はあまり受け入れられていない。本研究においては、日記が「文学」たりうるための条件を改めて整理し、『井関隆子日記』がその条件を満たすかどうかを検討した。それによって明らかになったのは、『井関隆子日記』は歴とした日記文学たりうるということである。この研究結果により、江戸時代の日記文学に関する研究がより活発化しうるであろう。また、文学研究者は日記文学を研究し、歴史家は日記を研究するのがよいという側面から、本研究を契機に、記録としての日記と日記文学との峻別が進むことが望ましい。

The Smallness of Japanese BtoC Electronic Commerce: A Proposal of 0 Yen Shop

Aika Banno

This experiment is a brand-new challenge to visualize fluid with the line sensor camera. Applying the principle of the scanner, the line sensor recorded the diffusion a liquid in a second liquid. Up to now, numerous studies carried out to visualize flows of different liquids or gases with a camera or a video camera. The conventional methods show the fluid as continuous data of surface, but our method succeeded in representing the phenomenon of diffusion in one picture with variations in time. The ultra-high-resolution imaging enables to show microstructure of lows in more details compared to conventional ways using graphics and videos. The image resolution quality is approximately one order of magnitude higher than that of High-Vision images. Combining this process with common technique would turn over the new page of hydrodynamics.

日本の消費者向け電子商取引市場は成長を続けており、さまざまな手法の商売が登場している。今までの研究によって消費者向け電子商取引の構造が明らかになっているが、日本の消費者向け電子商取引と従来の小売業との定量的比較はなされてこなかった。両者の事業者数の比較により、日本の消費者向け電子商取引は売上高が比較的低いことが明らかになった。その事実と先行研究の提案を考慮しながら、新しい消費者向け電子商取引の形態を試作し、その評価を行った。

Mismatch repair rotects against γ-rays in Caenorhabditis elegans

Chihiro Nakamura

It is known that Non-Homologous End-Joining (NHEJ) or homologous recombination (HR) repairs DNA damage by radiation, ultraviolet (UV), or oxidation. Although in HR function mismatch repair (MMR) plays an important role, there is no experiment which shows the relationship between MMR and radiation defense. Among MMR-related factors are MLH1, MSH2, or EXO1. In this research, each of these factors in Caenorhabditis elegans (C.elegans) was knocked down by RNA interference (RNAi) and the C.elegans was irradiated with γ-rays, and then life span was measured. We hypothesized that life span of irradiated C.elegans would be shorter than unirradiated C.elegans because a MMR-related factor, which repairs DNA damage by radiation, was knocked down and DNA damages by γ-rays would still remain and have a harmful influence on life span. However, there was no change in life span of mlh1(RNAi) or msh2(RNAi), but that of exo1(RNAi) was extended.

酸素による酸化、紫外線、そして放射線によるDNAの損傷は、非相同末端再結合(Non-Homologous End-Joining, NHEJ)と相同組み換え(homologous recombination, HR)によって修復されることが知られている。HRの機能にはミスマッチ修復が重要な役割を果たしていることが知られているが、これまでミスマッチ修復と放射線防御との関連を示した研究はない。HRに関わる因子にはMLH,MSH2,そしてEXO1がある[1] [2]。本研究では、線虫C.elegansにおけるミスマッチ修復に関わるこれら3種類の因子のそれぞれをRNA干渉(RNA interference, RNAi) によってノックダウンした上でγ線を照射し、C.elegansの寿命を観察した。因子がノックダウンされた個体はγ線によって生じたDNA損傷を正常に修復できず、寿命に悪影響が生じるのではないかと考えた。しかしながら、MLH1,MSH2をそれぞれノックダウンしたC.elegansにおいては寿命の変化は見られず、EXO1をノックダウンしたC.elegansにおいては寿命が伸長した。

The Role of Oxygen In The Work of The Bincho Charcoal Battery Cell

Taiga Nakagawa

As global warming have recently become an international concern, we have to find a new clean energy sources. One of them is the bincho charcoal battery cell. It is a kind of battery that generates electric energy with bincho charcoal. Although we have found out that it can generate energy without emitting carbon dioxide, it leaves a lot to be desired to be ready for practical use. In order to improve the battery performance, it is required to make clear how it works. Previous studies show the following formula:
cathode (O_2) 3O_2+ 6H_2O + 12e- → 12OH-
Anode (Al) 4Al → 4〖Al〗^(3+)+ + 12e
However they don’t show the further explanation of it. When it comes to the anode, we can see it deteriorate, as the battery discharge electricity, but we can’t see the cathode deteriorate. So I checked by myself through the following experiments, and obtain the conclusion that it is the oxygen that reacts by the cathode.

近年、地球温暖化が世界的な問題となっているため、新たなクリーンエネルギーの発見が急務となっている。その中に備長炭電池がある。備長炭電池とは、備長炭を使って発電する電池である。備長炭電池は二酸化炭素を排出しない電池として知られているが、実践で使うには、まだまだ改良すべきところがある。電池の性能を改良するには、その反応経路をはっきりさせなければならない。これまでの研究では、次のような反応式が示されている。
陽極(O2) 3O_2+ 6H_2O + 12e- → 12OH-
陰極(Al) 4Al → 4〖Al〗^(3+)+ + 12e
しかし、これに対する説明がない。陰極に関しては、電池の反応が進むにしたがって、陰極が劣化するのが目視できるので、しかし陽極が劣化するのを目で確かめることはできない。そこで、今回これから紹介するの実験を通して、自分で確かめ、酸素が陽極で反応しているという結論を得ることができた。

Trade policies by regional integration

Tomoya Taniguchi

Today, many countries are running free trade policies based on the neo-liberal and integration of the world is progress. On the other hand, it is said that free trade policies cause serious problems such as expansion of economic disparity. On the basis of such situation, I have analyzed the trade policies of ASEAN. ASEAN is regional integrated association and running free trade policies. So, analyzing ASEAN is useful to understand the world. In order to reveal the effectiveness of free trade policies, I analyzed ASEAN by using two theories; the theory of comparative advantage and the World-Systems theory. Using these two theories, I mainly scrutinized the changes in ASEAN’s industrial structure by trade policies. In Japan, no studies have been done about the ASEAN with the World-Systems theory. This article concludes that free trade policies can’t always benefit countries that have adopted these policies.

現在、多くの国は自由貿易を推進しており、それによる世界経済の一体化が進んでいる。しかし、一方では格差の拡大など、過度な自由化による弊害も叫ばれている。そこで、自由貿易が貿易を行うどの国にも本当に利益をもたらすのかを検証する必要がある。そのために、ASEAN経済についての分析を行う。自由貿易政策を進めると市場の統合が実現されるが、この自由貿易政策による市場統合を成し遂げたのがASEANである。そのため、自由貿易と市場統合はASEAN経済にどのような結果をもたらしたのかを知ることで、世界がこのまま自由貿易推進、市場統合に向かった場合、今後どのようなことが起こりうるのか予測することができるはずである。本論文では、リカードの比較優位理論と世界システム論の2つの理論を用いて、ASEANの産業構造の変化に焦点を当てた分析を行った。結論として、自由貿易は必ずしも望ましい結果をもたらすものではないと言える。

Magic E.coli ~leading flower bloomed~

Masako Terasaka

Flower Fairies are imaginary creatures existing in fairy tale. They can make various flowers bloom whenever they want. In addition to that, their magical power might also be useful for agriculture. In this study, we aimed to make Flower Fairy by using E.coli, a kind of bacteria widely used in the field of biotechnology. To make it possible, we focused on FLOWERING LOCUS T(FT) protein, a main factor of flower formation of plant cell, and R9 peptide, let plant cell intake proteins. We were able to produce FT protein in E.coli and check the ability of R9 peptide. As a result, we got E.coli to obtain the system of making FT protein and encourage flower formation.

花の妖精はおとぎ話に出てくる想像上の生き物だ。彼女たちはいつでも好きなように花を咲かせることができる。加えて、彼女たちの不思議な力はまた、もし現実において存在するならば、農業の分野では特に便利なものだろう。今回の研究で、我々は大腸菌を使って花の妖精を作ることを目指した。大腸菌とは、バイオテクノロジーの分野ではよく使われるバクテリアの一種である。花の妖精を作るために、我々はFTタンパクという、植物が花を咲かせることにおいて重要なタンパクと、タンパクを植物細胞の中に取り込む作用を持つR9ペプチドを使った。そして実際に、FTタンパクの発現とR9ペプチドの作用によってタンパクを取り込むことに成功した。つまり、我々はR9ペプチドの助けをかりて、花を咲かせられる妖精を作ることに成功したのだ。

A Study About the Trigger of Feeding of Aurelia auri-ta

Luna Yamamori

Polyp is a form of jellyfish which live like sea anemone. According to previous research, Chordylophora polyps distinguish food from uneatable things with an amino acid, proline. In this study, Aurelia aurita polyps were exposed to peptone, fermentum, and glucose to know the trigger of feeding behavior. As a result, polyps reacted to fermentum the most. From that, it was indicated rhat Aurelia aurita polyps distinguish food by some kinds of amino acid unlike Chordylopfota, another kind of polyp.

ポリプとはクラゲの世代の一つであり、イソギンチャクのような生活をする。先行研究によると、Chordylophoraのポリプは一種のアミノ酸プロリンによって餌を他のものと区別している。ミズクラゲのポリプにペプトン、酵母、グルコースをそれぞれ吹きかけたところ、最も多くのポリプが酵母に反応した。よって、ミズクラゲのポリプはChordylopforaと異なり複数種のアミノ酸を用いて餌を区別しているということが示唆された。

How the change of “romantic love” has affected modern family in Japan

Masatoshi Kato

It might be said that modern family has resulted from the values of “romantic love”. Presumely there is some closely connection between “romantic love” and modern family. Therefore, in this study, it was investigated how the change of the values of love has affected the system of modern family. In order to investigate, the novels of Natume Souseki and the novels of Murakami Haruki were employed to interpret. In Souseki’s works ,in loving the person self-consciousness, self-reflection, responsibility and no sexual desire are the highest priority. However, in Murakami Haruki’s works, these have already lost and loving the whole things of the lovers as no substitutes no longer exists. In a sociological view, the weakness of self-consciousness can be thought of the diversity of self-consciousness. Although modern family systematically might be died and the situations might be worse, “self”and new values might be more flexible.

近代家族は恋愛観の帰結であるという見方がある。確かに恋愛観と近代家族の間にはある程度密接な関係があることはたしかであろう。この研究においては恋愛観の変化が日本の近代家族にどのような影響を与えたかを考察した。つまりこの研究の二本柱は近代において恋愛観というものがある種のイデオロギー的なものとして人為的に作られ、それが時代の変化とともにどのように変化していったかを調べた。またその恋愛の帰結する先の一つとして近代家族がどういった経緯で成立し、恋愛観の変化とともにどのような変化を辿ったかを追った。前者の目的のために論文内では夏目漱石と村上春樹の文学作品を比較し変化が浮き彫りになるように努め、また後者の目的のために社会学的視点からのアプローチを試みた。この両者の変化から本研究では自我の動揺というものが考えられるという結論に至った。その自我の動揺を肯定的に捉えるか、否定的に捉えるかそして新たな自我の可能性を本論文の後半で議論している。

How We Decide Whether to Eat an Animal as Meat

Yuto Nakamura

A previous study suggests that meat’s nutrition is one criterion to determine whether it is good to eat. However, little is known about criterions that do not need eating meat. In this study, we calculated a little positive correlation coefficient between mammals’ weight and their meat production and weakly negative one between mammal's carnivorousness and meat production. This result indicates that mammals’ bigness and carnivorousness are new indicators of how likely a mammal’s meat is to be eaten.

本論文では、肉を食べられる動物の範囲が、その動物が肉食かどうかと、その動物の体の大きさに関係があるという仮説を立て、その検証を試みた。ここで肉を食べられる動物の範囲とは例えば我々日本人は牛の肉は喜んでたべるが、ライオンの肉はあまり食べる気がしないといったことである。結果、動物が肉食かどうかはその動物が食べられやすいか(肉の生産量で計った)にはあまり関係が無く、一方で動物の体の大きさとその肉の食べられやすさの間にはそれなりに強い正の相関があることが分かった。

Prospect of Cancer Stem Cell-targeting Therapy

Seigi Oshima

Cancer Stem Cell model, which was proposed in 1970s because of such a wide of heterogeneity in malignant tumors, has become validated upon some cancers such as breast cancer and acute myeloid leukemia since the latter of 1990s. Cancer stem cells (CSCs) have both the self-renewal activity and the ability to produce various differentiated cancer cells. They are resistant to chemo- and radiotherapy, and have the capacity for invasion and metastasis, which lead to relapse. Therefore, a considerable number of researchers have been seeking for novel treatments which target CSCs. In this Review, I explain two existing CSC- targeting therapies--- differentiation therapy and CSC niche targeting therapy--- , and an emerging therapy by direct-reprogramming, finally referring to prospect of CSC-targeting therapy in the future.

悪性腫瘍に多様性があるということで1970年代から提唱されていたがん幹細胞仮説は、1990年代後半から、乳がんや急性骨髄性白血病をはじめとした、多くのがんにおいて立証されてきた。がん幹細胞は自己複製能と分化した多様ながん細胞を生み出す能力を有している。がん幹細胞は化学療法や放射線療法に耐性を示し、浸潤転移能をもち、再発を引き起こす。それゆえ、非常に多くの研究者たちがこれまでがん幹細胞を標的とした新しい治療法を探究してきた。このレビュー論文において、分化療法とがん幹細胞ニッチ標的療法という2つの既存のがん幹細胞標的療法について説明を加え、さらにダイレクトリプログラミングによる、新たに現れつつある療法について説明し、最後に将来のがん幹細胞標的療法の展望について言及する。

Antibacterial Effect of Tea

Yuki Araie

Previous studies have shown that the elements of tea have favorable effects. However, little is known about the differences of effects among the kinds of tea leaves, and the effect of blended tea that is made by mixing the several kinds of tea. Here we examine the antibacterial action of five kinds of tea (green, oolong, black, Pu’er, and blended), observing the growths of bacteria on agar media contained tea. We first demonstrated that green and oolong tea are effective to inhibit the growth of bacteria, whereas black tea is not enough and Pu’er tea is poor. This result suggests that the oxidative fermentation process of tea leaves makes tea ineffective. We also found that blended tea has superior effects although it was consisted of other four kinds of tea.

茶に含まれる成分がもつ効果については、様々な研究論文で報告されてきた。しかし、茶葉の種類によるその効果の違いや、数種類の茶葉を混ぜて作るブレンド茶の効果については、あまり述べられてこなかった。そこで我々は、緑茶、ウーロン茶、紅茶、プーアル茶、ブレンド茶の5種類の茶の細菌増殖抑制効果について、茶を含んだ寒天培地で細菌の増殖を観察する実験を行った。我々はまず、緑茶とウーロン茶が細菌増殖抑制に効果的であり、その一方で紅茶の効果は不十分、プーアル茶の効果は弱いということを発見した。この結果から、茶葉の酸化発酵が茶の細菌増殖抑制効果を弱くしていると考察した。我々はまた、ブレンド茶が数種類の茶葉を混ぜて作ったものであるのにもかかわらず、その効果が優れているということも発見した。

The Culture of British horse racing

Yoh Sonobe

On March 11, 2011, there has been an accident at Fukushima 1 atomic power plant. Many people concern how radiation influences our lives. However I noticed that there were two different ideas. One is the idea you should avoid being exposed to radiation, and the other is you can be exposed to radiation if it is a little. In this essay, I consider the reason why there are two different ideas.

イギリス競馬という言葉を聞いたときにどのような感想を持つでしょうか。多くの人は単にギャンブルであると思うかもしれません。一方で、イギリスの文化であると考える人もいるでしょう。私の研究の目的はイギリス競馬がどのようなものであるか、そしてイギリス文化がどのようなものであるかを探っていくというものです。この研究はフィールドワークとイギリス人へのアンケートを元にしており、先行研究によって明らかにされているイギリス競馬の歴史についても参照しました。研究を通して、イギリス競馬がイギリス社会を根強く反映しており、貴族文化に深く関わっていることがわかってきました。今回のプレゼンテーションでは以上のことについて説明したいと思います。