logo

logo




論文の提出形式
(以下の形式を守って2月11日(金)までに投稿をお願いします)

フォント:centry
タイトル:22
所属・名前:12 本文・章のタイトル :9pt
章のタイトル  :大文字
注釈・引用  :8pt
段組み  :2段
ファイル形式  :pdf
詳しくは以下の例をご覧ください

日本語版 英語版

テンプレート(docx):日本語テンプレート 英語テンプレート
テンプレート(doc):日本語テンプレート 英語テンプレート

規定

◎査読の拒絶
提出していただいた論文は、当実行委員会の各委員によって査読されます。
査読とは論文の内容を吟味・評価することで、その結果をもとに発表者が選出されます。
しかし、以下のような論文の場合は、査読を拒絶する場合があります。

・フォーマットにのっとっていない
本シンポジウムでは、設定された目的の一つに「学術論文の書き方を学ぶ」ことがあります。
そういった理由から、一般的な学術論文のフォーマットにのっとった論文を提出していただきます。

・引用・参照の信頼性がうすいもの
インターネット上の文章や、参照元の明らかでなかったり公開されていない文章がこれにあたります。

・剽窃
他者が記述した文章を論文中で引用ではなくそのまま使用している場合がこれにあたります。

・論理の飛躍が甚だしいもの
文脈のつながりが明らかでない、もしくは文章が意味をなしていない場合がこれにあたります。

◎論文提出に際して
・提出された論文の著作権は当シンポジウム実行委員会に帰属します。
・論文の分量については、用紙サイズがA4で特に制限はありません。

OJS査読システム

◎OJSとは
OJSはOpen Journal Systemsの略称で、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)によって開発されたウェブページベースのソフトウェアです。


◎論文1報につきの査読プロセス:
・著者(投稿者)が論文投稿いただきます
・編集者が論文を分野によって査読者に振り分けます
・それぞれの査読者が論文を読み、評価をつける
・編集者がすべての評価に基づいて最後の判断をする(口頭発表、ポスター発表、リジェクト)


◎論文の点数付け標準は:
・ぜひ口頭発表すべき論文 :4点
・口頭発表してもいいかも :3点
・ポスター発表でよいのでは? :2点
・リジェクト :1点


◎OJSの使い方