研究業績

丁中明

Profile

大学院工学研究科電気工学専攻 修士課程 修了 (2009)

研究テーマ

修士論文テーマ: 「GPU-zccelerated Particle-based Volume Rendering」
概要: 有限要素法解析結果について効率のよいボリュームレンダリング手法を開発することは可視化技術分野で挑戦的なことと認識されている。この問題を解決するために解析結果に対する重要度サンプリングを行い粒子群として表現し,これら粒子群をGPUを使って段階的に描画することにより、高速表示と高画質表示とをうまく切り替えることのできる可視化システムを開発した。

研究業績リスト

論文 Journal Papers

2010年
  1. ZhongMing Ding, Takuma Kawamura, Naohisa Sakamoto, Koji Koyamada, "Particle-based Multiple Irregular Volume Rendering on CUDA", Journal of Simulation Modelling Practice and Theory, Vol.18, No.8, pp.1172-1183, 2010,

国際会議論文 International Conference

2008年
  1. Ding Zhongming, Takuma Kawamura, Naohisa Sakamoto, Koji Koyamada, "GPU Acceleration of Improved Particle-based Volume Rendering for Irregular-grid Data", Proceedings of International Conference on System Simulation and Scientific Computing (ICSC 2008), pp.685-692, 2008,
  2. Naohisa Sakamoto, Ding Zhongming, Takuma Kawamura, Koji Koyamada, "Hardware-Accelerated Particle-based Volume Rendering for Multiple Irregular Volumes", Proceedings of the 4th International Symposium on Visual Computing (ISVC 2008), pp.970-979, 2008,
2007年
  1. Ding Zhongming, Takuma Kawamura, Naohisa Sakamoto, Koji Koyamada, "Evaluation of Image Quality in Particle-based Volume Rendering", IIEEJ Image Electronics and Visual Computing Workshop 2007 (IEVC 2007), 1C-6, CD-ROM, 2007,

全国大会・研究会 Japanese Symposium

2008年
  1. Ding Zhongming, Naohisa Sakamoto, Yasuo Ebara, and Koji Koyamada, "GPU Acceleration of Particle-based Volume Rendering using CUDA", 芸術科学学会,第7回 NICOGRAPH 春季大会, 2008,