研究業績

酒井晃二

Profile

~2009.10 まで在籍

所属:医学研究科 人間健康科学系専攻情報理工医療学講座

学位

ソフトウェア情報学博士(岩手県立大学)

研究テーマ

情報可視化

その他の活動

社会活動:岩手ネットワークシステムデジタルエンジニアリング研究会幹事

さらに詳細・・・⇒

岩手ネットワークシステムデジタルエンジニアリング研究会幹事

論文 Journal Papers

2006年
  1. Jorji Nonaka, Koji Sakai, Masanori Kanazawa, and Koji Koyamada, "Coarse-Grid Processing Based Load Balancing for Maximizing the Performance of Parallel 3D LIC for Large Vector Field Visualization", 可視化情報学会論文集 Vol.26 No. 5, pp.33-42, 2006,
  2. Yasuhiro Watashiba, Koji SAKAI, Koji KOYAMADA, Masanori KANAZAWA, "Visualization of Similar Situation between Volume Datasets by Using Critical Point Graph and Character Recognition Technique", The Journal of the Society for Art and Science, Volume5, No.1, pp.11-17, 2006,
2003年
  1. 酒井晃二, 小山田耕二, 坂本尚久, 松田浩一, 土井章男, "三次元LICに基づくベクタ場の興味領域制限可視化手法", 画像電子学会誌,32/6,pp.815-824, 2003,

国際会議論文 International Conference

2007年
  1. Shiho Takagi, Koji Sakai, Kei Yamada, Kousuke Kudo, Yukio Yasuhara, Koji Koyamada, and Tsunehiko Nishimura, "Framework for Creating New Discriminants:Combined Diffusion and Perfusion Studies in Stroke Patients", BioMed2007, , 2007,
2006年
  1. Koji Sakai, Yasuhiro Watashiba, Tomoki Minami, and Koji Koyamada, "A Tetrahedron Matching Method for Detecting Similarities Between Scalar Volumes", Asia Simulation Conference 2006 (JSST 2006), 2006,
  2. Koji Sakai, Takashi Uenaka, and Koji Koyamada, "Comparison or DTI-tractography algorithms on a flow visualization platform:Intelli-Post R", TFI-2006, pp37-38, 2006,
  3. K. Sakai, K. Yamada, N. Sakamoto, J. Nonaka, K. Koyamada, Y. Yasuhara, S. Takagi, H. Oouchi, T. Nishimura, "DTI-Mapper: A Framework for the Creation and Analysis of New Discriminants to Detect DTI Properties", IEEE Visualization Proceedings Compendium, pp.32-33, 2006,
  4. Teppei Tanaka, Koji Sakai, Yukio Yamashita, Naohisa Sakamoto, and Koji Koyamada, "Hierarchial Response Surface Methodology for Parameter Optimization: Efficiency of aHierarchial RSM with a Hessian Matrix", Systems Modeling and Simulation, Theory and Applications, Asia Simulation Conference (ASC) 2006, Springer, ISBN 4-431-49021-3,pp.213-217, Tokyo, Japan, 2006,
  5. Yukiko Yamashita, Koji Sakai, Naohisa Sakamoto, Jorji Nonaka, and Koji Koyamada, "Improved Hierarchical Parameter Optimization Technique- Application for a cardiac myocyte model-", IEEE 2006 International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society(EMBC 2006), pp.3487 - 3490, New York, USA, August, 2006,
  6. K. Sakai, K. Koyamada, "New Discriminants for Detecting Degenerate Areas in DT-MRI", BIOMED2006, pp. 220-225, 2006,
  7. Koji Sakai, Koji Koyamada, Yukiko Yamashita, Nobuaki Sarai, Keiichi Asakura, Akinori Noma, "Parameter optimazation tequnique using the rsm and parameter space visualization for cardiac myocyte model", APBC 2006, pp. 36, 2006,
2005年
  1. Koji Sakai, Naohisa Sakamoto, Koji Koyamada, Tatsuo Hasegawa, "3D Object Reconstruction by using Toy Blocks in Real World", NICOGRAPH International 2005, pp.107-110, 2005,
  2. Jorji Nonaka, Koji Sakai, Koji Koyamada, and Masanori Kanazawa, "A Coarse-Grid Pre-Processing Based Load Balancing Scheme for Parallel Line Integral Convolution", PDCS 2005, pp. 85-90, 2005,
  3. Tomoki Minami, Koji Sakai, Koji Koyamada, "A Similarity Evaluation Method for Volume Data Sets by Using Critical Point Graph", ISHPC-VI, pp.**-**, 2005,
  4. Yasuhiro Watashiba, Koji Sakai, Koji Koyamada, Masanori Kanazawa, "Similarity Judgment Method of Volume Data by Critical Point Graph Using Directional Element Feature", NICOGRAPH International 2005, pp.149-153, 2005,
  5. T. Minami, K. Sakai, and K. Koyamada, "The Method to Evaluate a Similarity of Two Dimensional Data Using Critical Point Graph", INVITE'2005, pp.186-190, 2005,
  6. K. Sakai, N. Sakamoto, K. Koyamada, and T. Hasegawa, "Virtual Object Reconstrucation in Real World", INVITE'2005, pp.214-218, 2005,
  7. Takeru Kiyoshi, Takayuki Itoh, Koji Koyamada, Koji Sakai, Takeshi Iwashita, Masanori Kanazawa, "Visualization of Multi Parameter Hierarchical Data Using Automatic Dominant Parameter Determination Technique", NICOGRAPH International 2005, pp.31-35, 2005,
  8. K. Sakai, T. Azuma, K. Koyamada, and S. Tsutsumi, "Visualization of the Neural Pathway from DT-MRI Data Set: A Method for Setting Start Point of Neural Pathway", VIIP'2005, pp.680-684, 2005,
2004年
  1. K. Sakai, N. Sakamoto, K. Koyamada, "An Analytical Method for the Weather Phenomena with Critical Point Visualization", The 4th IASTED International Conference on VISUALIZATION, IMAGING, AND IMAGE PROCESSING (VIIP2004), pp.172-177, 2004,
  2. Koyamada. Koji, Sakai. Koji, Itoh. Takayuki, "Parameter Optimization Technique Using The Response Surface Methodology", 26th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS2004), pp.2909-2912, 2004,
  3. N. Sakamoto, K. Koyamada, K. Sakai, M. Kikugawa, "Voxelization of Hexahedral Cell with the Two-Pass Rasterization Technique", The 4th IASTED International Conference on VISUALIZATION, IMAGING, AND IMAGE PROCESSING (VIIP2004), pp.178-181, 2004,
2002年
  1. Kamisawa. K, Koyamada. K, Sakai. K, and Doi. A, , "A technique for skeletonizing a scalar field using a critical point graph: application to a weather simulation", 4th International Symposium on Computational Technologies for Fluid/Thermal/Chemical Systems with Industrial Applications, PVP-Vol. 448-1, pp. 27-34, 2002,

全国大会・研究会 Japanese Symposium

2008年
  1. 渡場康弘, 坂本尚久, 酒井晃二, 小山田耕二, 土井章男, 金澤正憲, "DT-MRIを使った脳神経繊維の類似度判定法", 可視化情報学会 第36回可視化情報シンポジウム講演論文集, pp.85-86, 2008,
2006年
  1. 山下由起子, 酒井晃二, 坂本尚久, 小山田耕二, "応答曲面法を用いた生体機能シミュレーション向けパラメータ最適化技術-初期評価実験での検証-", SCME2006第1回複合医工学シンポジウム, pp.170-171, 2006,
  2. 酒井晃二, 山田惠, 小山田耕二, 西村恒彦, "高解像度 DTI データを用いたテンソル縮退点周囲の挙動解析 -テンソルモデルの限界-", SCME2006第1回複合医工学シンポジウム, pp.28-29, 2006,
2005年
  1. 井前直人, 小林哲生, 鄭址旭, 酒井晃二, 小山田耕二, 東高志, 堤定美, "fMR/DTlによる脳活動領域解析に関する検討", 第3 3 回日本磁気共鳴医学会大会講演抄録集, VOL.25.S, pp196, 2005,
  2. 久木元伸如, 江原康生, 坂本尚久, ジョルジノナカ, 酒井晃二, 小山田耕二, "IPTを用いた地震における岩盤破断現象の三次元可視化", 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集, pp.121-122, 2005,
  3. 酒井晃二, 東高志, 小山田耕二, 堤定美, "ボクセル分割内挿法による神経線維の可視化", 第3 3 回日本磁気共鳴医学会大会講演抄録集, VOL.25.S, pp248, 2005,
  4. 渡場康弘, 酒井晃二, 小山田耕二, 金澤正憲, "手書き文字認識技術を利用した特異点グラフの類似度判定", 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集, pp.127-130, 2005,
  5. 伊藤貴之, 清豪, 小山田耕二, 酒井晃二, 岩下武司, 金澤正憲, "多次元パラメータ階層型データのためのパラメータ選択法", 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集, pp.131-134, 2005,
  6. 小田切貞憲, 広田克彦, 酒井晃二, 小山田耕二, "特異点グラフとコンター木による類似度判定法の評価", 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集, pp.147-148, 2005,
  7. 南智規, 酒井晃二, 小山田耕二, "特異点グラフを用いた2次元数値データの類似度評価手法", 電子情報通信学会2005年総合大会, 2005,
  8. 南智規, 酒井晃二, 小山田耕二, "特異点グラフを用いた3次元数値データの類似度評価手法", 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集, pp.149-150, 2005,
  9. 酒井晃二, 小山田耕二, "脳神経線維可視化のためのテンソル場における退化領域探索手法", 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会第121回研究発表会, pp43-48, 2005,
  10. 渡場康弘, 酒井晃二, 小山田耕二, 金澤正憲, "方向線素特徴を利用した特異点グラフの類似判定法", (社)日本機械学会 2005年度年次大会, pp.**-**, 2005,
2004年
  1. 酒井晃二, 坂本尚久, 小山田耕二, "DT-MRIデータを用いた脳白質神経線維の可視化", 第32回日本磁気共鳴医学会大会講演抄録集, pp.261, 2004,
  2. 酒井晃二, 小山田耕二, 坂本尚久, 土井章男, "DT-MRIデータを用いた脳白質神経線維の可視化", 第32回可視化情報シンポジウム, 2004,
  3. K. Koyamada, K. Sakai, T. Itoh, "Paremeter Optimization Technique Using the RSM", 2nd Kyoto University International Symposium of Lerding Projact for Biosimulation, pp.44, 2004,
  4. 酒井晃二, 小山田耕二, 伊藤貴之, 比戸将平, 皿井伸明, "応答曲面法に基づく細胞シミュレーションのパラメータ最適化", 第4回システムバイオロジー研究会抄録集, pp.8, 2004,
  5. 比戸将平, 伊藤貴之, 小山田耕二, 酒井晃二, 皿井伸明, "細胞シミュレーションのパラメータ最適化システムへのWebサービス技術の応用", バイオインフォマティクス学会, システムバイオロジー研究会抄録集pp.9, 2004,
  6. 伊藤貴之, 比戸将平, 小山田耕二, 酒井晃二, 皿井伸明, "平安京ビューを用いた細胞シミュレーションのパラメータ最適化GUI", 第4回システムバイオロジー研究会抄録集, pp.10, 2004,
2003年
  1. 上沢和真, 江原康生, 小山田耕二, 酒井晃二,土井章男, "遠隔地における大規模データのリモート可視化の効率化に関する検討", 信学技報, Technical Report of IEICE, MVE2002-117(2003-02), pp.75-80, 2003,
  2. 上沢和真, 酒井晃二, 小山田耕二,土井章男, "特異点グラフを用いた数値シミュレーション結果の分類", 可視化情報学会、第30回可視化情報シンポジウム講演論文集2002, vol.22 Suppl. No.1, pp99-100, 2003,
  3. 酒井晃二,高井博司, 坂本尚久, 小山田耕二,土井章男, "特異点可視化による気圧場の知見探索", 日本気象学会 2003年度秋季大会講演予稿集 pp.376, 2003,
  4. 酒井晃二, 坂本尚久, 小山田耕二,土井章男, "特異点可視化による気象現象の解析手法", 可視化情報学会 第9回ビジュアリゼーションカンファレンス講演予稿集CD, 2003,
2002年
  1. 酒井晃二, 小山田耕二,上沢和真,土井章男, "3D-Licに基づくベクタ場の領域制限可視化に関する一手法", 第4回 可視化情報学会 ビジュアルデータマイニング研究会,京都大学大型計算機センター第68回研究セミナー報告 pp.87-84, 2002,
  2. 酒井晃二, 小山田耕二,上沢和真,土井章男, "3D-Licに基づくベクタ場の領域制限可視化手法", 可視化情報学会、第30回可視化情報シンポジウム講演論文集2002, vol.22 Suppl. No.1, pp105-106, 2002,
  3. 上沢和真, 小山田耕二, 伊藤貴之, 酒井晃二,土井章男, "特異点グラフを用いた数値シミュレーション結果の分類", 第4回 可視化情報学会 ビジュアルデータマイニング研究会,京都大学大型計算機センター第68回研究セミナー報告 pp.95-100, 2002,
1999年
  1. 酒井晃二,佐々木秀幸,中根健,藤原忠司, "EPS廃棄物の路盤材としての基礎的研究", 第10回廃棄物学会研究発表会 講演論文集Ip362-364, 1999,
  2. 中根健, 酒井晃二,藤原忠司, "廃EPSインゴットを用いた凍上抑制層への適用", 第32回日本道路会議 一般論文集(B)p78-79, 1999,
  3. 酒井晃二,佐々木秀幸,中根健,藤原忠司, "廃EPSの路盤材への応用", 第46回高分子討論会, Polymer Preprints, Japan Vol.48, No.14(1999)p4289-4290, 1999,
  4. 酒井晃二,佐々木秀幸,中根健,藤原忠司, "廃EPS混練物の物性と路盤材への応用", 成形加工学会 成形加工シンポジア'99,JSPP '99 Sympo. Papers p349, 1999,
  5. 佐々木秀幸, 酒井晃二,中根健,藤原忠司, "廃電線被覆材の弾力性舗装材としての適用性", 第10回廃棄物学会研究発表会 講演論文集Ip359-361, 1999,
1998年
  1. 酒井晃二,酒井伸,大市貴志, "ミルクボトルのリサイクリング", プラスチックリサイクリング学会 1998年夏季研究会要旨集, 1998,
1997年
  1. 酒井晃二,前田育克,中山敦好,川崎典起,林和子,山本襄,相羽誠一, "Copoly(succinic anhydride/ ethylene oxide)を含むコポリエステルエーテエルの合成と酵素加水分解性", 第46回高分子学会年次大会要項集p518, 1997,

解説 Explanation

2005年
  1. 小山田耕二, 酒井晃二, "新たな知識創造の場を提供するボリュームコミュニケーション技術", 計算工学, Vol.10, No.1, 2005, pp.1079-1082, 2005,
2004年
  1. 小山田耕二, 酒井晃二, "ボリュームコミュニケーション技術を使った協調可視化環境の構築", 可視化情報, Vol.24, No.95, 2004(10月), pp.228-233, 2004,
  2. 酒井晃二, 小山田耕二, 井上健, "細胞・生体シミュレータ向けパラメータ最適化技術に関する研究", 京都大学学術情報メディアセンター全国共同利用版・広報 Vol.3, No.3, 2004(7月), pp.122-129, 2004,
2003年
  1. 上沢和真, 江原康生, 小山田耕二, 酒井晃二, 土井章男, "遠隔地における大規模データのリモート可視化の効率化", 京都大学大型計算機センター広報, vol.2, No.3, 2003 , pp.169-174, 2003,
2002年
  1. 酒井晃二, 小山田耕二, 上沢和真, "AVS/Expressモジュール作成入門", 京都大学大型計算機センター広報, vol.1, No.3, 2002 , pp.145-155, 2002,
  2. 上沢和真, 江原康生, 酒井晃二, 小山田耕二, "研究用ギガビットネットワーク(JGN)を用いたリモート可視化", 京都大学大型計算機センター広報, vol.1, No.2, 2002 , pp.73-79, 2002,
2001年
  1. 上沢和真, 酒井晃二, 小山田耕二, "リアルタイム可視化ツールVislinkによるステアリングプログラム", 京都大学大型計算機センター広報, vol.34, No.6, 2001 , pp.327-338, 2001,